« 姫路城と姫路おでん | トップページ | 終止符 »

2009年11月18日 (水)

悪意/東野圭吾

悪意 (講談社文庫)

読んだきっかけ:
「ハイ」とBOSSに渡された一冊。
「最後まで読んでから、もう一度読み直しちゃった」
というほど、おもしろかったらしい。
東野圭吾作品はとても売れているし、評判も
いいのだけど、私はまだ読んだことがなかったので、
早速読み始めた。

感想:
意外な内容で、びっくり。
普通サスペンスものって、犯人探しがメインに
なると思うのだけど、この本は前半で犯人が
逮捕されちゃう。犯人も自白しているのに、
事件は解決!と行かないのが意外性があって
おもしろかった。

おすすめポイント:
なんか、人って?親友って?って考えさせられちゃう感じ。
読みながら、すっかり騙されちゃってちょうだい。

悪意 (講談社文庫)

著者:東野 圭吾

悪意 (講談社文庫)

|

« 姫路城と姫路おでん | トップページ | 終止符 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056240/32298900

この記事へのトラックバック一覧です: 悪意/東野圭吾:

« 姫路城と姫路おでん | トップページ | 終止符 »